特に中小・零細事業者向けに、(求人募集時点での)殆どお金を掛けずに少し手間を掛けるだけで、 退職理由に多い「仕事内容とのミスマッチ」の減らす方法、考え方をお伝えします。

1.そもそも肝心な会社の中身、方向性が伝わっていない。情報を出してすらいない。

 ⇒このネット全盛の時代に、社外に対して日頃から何にも情報を発信していないのに「(求人募集の時だけは)バッチリ合った人に来てほしい?」という甘い考えは捨てましょう。

 【会社は社会の公器】なのに「動画や写真が見られるのは恥ずかしい」と言う企業が何と多いことか!?

  日頃から仕事風景、社内風景、スタッフの声、お客様の声、代表者(責任者)の声などを、まずは三日坊主にならないペースで発信していきましょう。今はお金を掛けなくても、Facebookやtwitter、ユーチューブもありますし、ホームページも無料で作成できるところもあります。

  求職者は、求人誌で気になった企業名を、ネットで検索していますから、何も出てこない企業は何の情報も与えられません。情報が少ないと応募に至る可能性も下がりますし、応募があってもミスマッチの可能性が高くなります。

  何もきれいで洗練された画像・文章にする必要はありません。現実の【ありのまま】を出しましょう。偽ったところで誰の得にもなりません。面接時や採用後のトラブル・不信感を作り出すだけです。

  よって、求人広告媒体に募集を出す際も、文字だけの媒体ではなく、

  写真(もしくは動画も)掲載できる媒体を選びましょう。

  そして、経験者や即戦力を採用したい場合は、

  いろんな業種が掲載されている媒体より、業界特化の媒体がベストですし、

  若年層をメインに狙いたい場合はネット媒体、

  中高齢者層をメイン狙いたい場合は、紙媒体や折り込み、が良いでしょう。

2.求人・採用活動は「恋愛・お見合い・結婚と同じ」意識を持つ。

 ⇒上記1.で述べた通り、しっかり企業側から自己開示しましょう。

  そうすることで、方向性が近い方、共感頂ける方から興味を持ってもらえます!

  求人募集に対する応募数が多くても、ミスマッチばかりでは意味が無いのです。

  これから何年も一緒に働く方を募っているのですから、当たり前ですが誠実な対応を心掛けましょう。

  どの業界でも面接官や採用担当者の態度が横柄だった等、少なからず耳にしますが絶対NGです。

  そして見せかけ・外見だけでなく、内面(社内の環境・待遇・制度)を磨く努力も忘れずに!!