【求人募集バイブル・事例】限定公開中!

有効求人倍率が高まる昨今、求人募集しても苦戦する企業が多い中、着実に人を集め、業績を伸ばしている企業も存在します。 IT・人材・福祉など様々な業界・職種で人材派遣・紹介や求人広告営業に携わり、千社を超える経営者や人事担当、そして多くの求職者と接触してきた経験から、求人募集の失敗を激減させるノウハウ・実例を明かします。

カテゴリ: 営業 集客 販売促進 定着

10014923_285731391589377_841003416_o



















1990年代、閑古鳥が鳴いていた地方スーパーを、平日毎日行列ができる大繁盛店に導いた成功仕掛け人(故)山本部長のもとで働いたことは貴重な経験となりました。

10005882_285731418256041_1504753168_o



















お亡くなりになるちょうど1年前に出会い、朝早くから筑後中部魚市場(柳川市)での競りや仕入れに同行させてもらい、夜まで仕事は大変でしたが、いろんな話を聞かせて頂きました。


1978562_285731371589379_1987144441_o



















天草出身のダンディで、男気あふれる紳士。魚の目利きはもちろん、
食品サンプルの制作や木工にも精通されていたので、
店舗レイアウト含め、非常にデザインや色、センスを重要視されてました。


1932729_285731514922698_540196341_o

数年ぶりに、このPOPを見て「青ちゃん、頑張らないかんば!」と明るい声が聞こえてくるかのようでした♪今、自分が広告や集客・求人に関する仕事に携わっているのは、この頃からのご縁なのかもしれません。
1932511_285731451589371_811744054_o
1890345_285731498256033_428085978_o1890345_285731498256033_428085978_o (1)1796034_285731318256051_877888800_o1622472_285731478256035_1710077708_o1063925_285731331589383_2131883084_o1025674_285731428256040_336293338_o1622343_285731328256050_2067050102_o























































































































































最後まで、お読み頂きありがとうございました!
求人アドバイザー 青柳 和弘
https://www.facebook.com/ekaigotarou/notes


【プロフィール】
求人アドバイザー。求人募集しても苦戦する企業が多い中、
着実に人を集め、業績を伸ばしている企業も存在します。
IT・人材・福祉など様々な業界・職種で人材派遣・紹介や求人広告営業に携わり、
千社を超える経営者や人事担当、そして多くの求職者と接触してきた経験から、
求人募集の失敗を激減させるヒントをお伝えしています。

集客に困っててる居酒屋・飲食店は必見。 ある意味、究極の集客、最終兵器レベル! ズバリ、 mixiなどのオフ会や異業種交流会、合コンを主催している人物やキーマンと業務提携する。 会費を安く抑えたい主催者がいる可能性大なので、 何か特典か割引を用意してあげれば満足度も上がりリピート率も高まる。 ただし更に繁盛したい方へは、こんな方法もあります。 ドン底だった飲食店が一躍繁盛店へと大逆転!わずか60日でお客さんを2倍にする、誰にでもカンタンにできる集客方法! その効果としては(上記ページ内より抜粋)、 ・ある小規模飲食店では、手作りチラシを使ってコストをかけずに法人客を囲い込むことに成功。   その後は平日ランチの売上げが3倍になりました。 ・別の飲食店では、たった2万円の広告費を元手に新規客を集客して、わずか4週間のうちに   40万円以上の新たな売上げを叩き出しました。 ・また、別の飲食店では、コスト0円でお客様とのコミュニケーションを深めたことで、   月に58万円の売上げを獲得しました。 ・別の飲食店では、反応率15.7%の脅威のDMでお客様の流出を最小限に食い止め、   ライバル店よりも圧倒的な優位性を維持しています。 ・ある飲食店では、時給750円の主婦のパートさんが、   毎月軽く100万円以上を稼ぎ出す仕組みができています。

新設法人に向けたサービス・事業を展開する企業にとって、

◎顧客開拓の営業リストとして

◎競合企業の動向調査の一環として

◎各地域の現実的な経済情勢の把握 などにも有効です。

-------------------------------------------------------------------------
愛知県2010年5月●愛知県内に平成22年5月に新規設立された新設法人データ
愛知県新設法人データ2010年5月【226件】
●株式会社
●データ件数226社
●管轄地域-愛知県名古屋市・西春日井郡・清須市・北名古屋市・日進市・愛知郡・豊明市・春日井市・瀬戸市・犬山市・小牧市・尾張旭市・丹羽郡・一宮市・江南市・稲沢市・岩倉市
●表記項目-登記日・法人名・住所・郵便番号・電話番号(一部)・FAX番号(一部)・業種(一部)
●データは新規設立法人のみで、移転登記は含まれておりません。
-------------------------------------------------------------------------
京都府2010年5月●京都府内に平成22年5月に新規設立された新設法人データ
京都府新設法人データ2010年5月【116件】
●株式会社
●データ件数116社
●管轄地域-京都府全域
●表記項目-登記日・法人名・住所・郵便番号・電話番号(一部)・FAX番号(一部)・業種(一部)
●データは新規設立法人のみで、移転登記は含まれておりません。
-------------------------------------------------------------------------
大阪府2010年5月●大阪府内に平成22年5月に新規設立された新設法人データ
大阪府新設法人データ2010年5月【323件】
●株式会社
●データ件数323社
●管轄地域-大阪府大阪市
●表記項目-登記日・法人名・住所・郵便番号・電話番号(一部)・FAX番号(一部)・業種(一部)
●データは新規設立法人のみで、移転登記は含まれておりません。
-------------------------------------------------------------------------
兵庫県2010年5月●兵庫県内に平成22年5月に新規設立された新設法人データ
兵庫県新設法人データ2010年5月【93件】
●株式会社
●データ件数93社
●管轄地域-兵庫県神戸市・芦屋市
●表記項目-登記日・法人名・住所・郵便番号・電話番号(一部)・FAX番号(一部)・業種(一部)
●データは新規設立法人のみで、移転登記は含まれておりません。
-------------------------------------------------------------------------
広島県2010年5月●広島県内に平成22年5月に新規設立された新設法人データ
広島県新設法人データ2010年5月【57件】
●株式会社
●データ件数57社
●管轄地域-広島県広島市・東広島市・山県郡・三次市・庄原市・安芸高田市・呉市・江田島市・大竹市・廿日市市
●表記項目-登記日・法人名・住所・郵便番号・電話番号(一部)・FAX番号(一部)・業種(一部)
●データは新規設立法人のみで、移転登記は含まれておりません。
-------------------------------------------------------------------------
福岡県2010年5月●福岡県内に平成22年5月に新規設立された新設法人データ
福岡県新設法人データ2010年5月【146件】
●株式会社
●データ件数146社
●管轄地域-福岡県福岡市・飯塚市・筑紫野市・春日市・大野城市・宗像市・太宰府市・古賀市・福津市・嘉麻市・朝倉市・糸島市・筑紫郡・糟屋郡・嘉穂郡・朝倉郡
●表記項目-登記日・法人名・住所・郵便番号・電話番号(一部)・FAX番号(一部)・業種(一部)
●データは新規設立法人のみで、移転登記は含まれておりません。

「自」ビールいかが (読売新聞より)
洗足のパブ

東急目黒線洗足駅近くで「自ビールパブ パンゲア」(品川区小山7)を営む小畑(こばたけ)昌司(しょうじ)さん(39)が店内で醸造した4種類の発泡酒を売り出した。自分で造って自分で売るから「自ビール」とした。店で醸造した発泡酒をその場で飲めるのが売りで、全国的にも珍しいという。味は日々、向上している。(土方慎二)

 小畑さんは大学卒業後にバーや居酒屋などで修業を積み、旅行で訪れた英国のパブに魅了され、2004年に今の店を開業した。06年には全国で10人しかいないビール審査の最高資格「マスター・ビアジャッジ」(日本地ビール協会認定)も取得し、店では国内の地ビールを中心に約500種類ものビールや発泡酒を扱ってきた。

 転機は2年前、地ビールメーカーに勤務する客から「技術的には難しくない。自分でビールを造ってみたら」と勧められたことだった。「ここでしか飲めないものを造りたい」と、すぐにビールの製造法や酒税法などの勉強を始めた。

 ビールの醸造免許を取得するには年60キロ・リットルの醸造が必要なのに対して、発泡酒なら同6キロ・リットルで認められることから「自分の店だけでもさばける」と今年7月に免許を取得した。

 ビールの副原料としては認められない柑橘(かんきつ)類の皮と、ビールと同じくらいの量の麦やホップを使い、ビールに匹敵するコクのある発泡酒の製造に成功した。麦汁とホップを店内に置いた自作タンクに入れ、醸造に必要なビール酵母を加えることで3週間ほどで完成する。

 8月末から販売している定番の自信作はエールタイプの4種類。ずっしりとした苦みが特徴の「サムアップビター」、リンゴ果汁の「ライオン・サイダー」、すっきりした味わいの「洗足ゴールド」、アメリカ系のペールエール「洗足イチョウ並木」。このほか期間限定の発泡酒も不定期で造っている。

 「造るのは簡単だが、おいしいものを造るのは難しい」と小畑さん。酵母の管理などがうまくいかず、まだ余分な酸味などが入ってしまうことがある。それでも初めて口にした客の大半は「面白い」と言ってくれるという。小畑さんは「これをすべて『おいしい』に変えてみせる。地元の盛り上げにも一役買いたい」と張り切っている。問い合わせは、パンゲア(03・3782・7699)へ。

イオンに続きファミマも検討 葬儀ビジネスの新規参入続々(J-CASTニュースより)

コンビニエンスストアのファミリーマートが葬儀ビジネスへの参入を検討している。豪華な祭壇に生花やお供物、火葬場や霊柩車の手配など、これまでは葬儀の段取りに手間がかかったり、費用も不明朗という不満が少なくなかったが、最近はわかりやすい料金体系を売りものにした葬儀ビジネスが登場している。

まもなく65歳以上の高齢者が「4人に1人」になる時代を迎えるのだから、葬儀ビジネスの需要が増えるのは間違いない。「成長」分野に、参入企業はますます増えそうだ。
「地域のコンビニだからできるビジネス」
葬儀ビジネスについて、ファミリーマートは「検討を開始したところで、具体的なことは何も決まっていません」という。しかし、「コンビニが生活総合産業として、また地域に欠かせない存在として発展していくうえで考えられるビジネス」と、前向きに話している。


葬儀は古くからの伝統や慣習に則っている。しかし、最近は寺院との付き合いがなかったり、音楽葬や海洋葬、パーティー葬といった個性的な葬儀や、核家族化や故人の高齢化の影響で家族葬が増えたりと、「葬儀事情」が大きく変わってきている。


また、景気の悪化もあって葬儀にかかる費用にもシビアになった。これまでは祭壇の設営や、柩や位牌など法要にかかる費用が、いわばドンブリ勘定でも仕方ないとあきらめてきた。お布施も複数の葬儀社で見積りをとったら、上下で100万円以上の差があったこともめずらしくない。


そういったことから、最近は葬儀費用を明確にしたパッケージ型の「お葬式サービス」が登場。「明朗会計」や「低価格」を武器に、ベンチャー企業や外資系企業までさまざまな企業が続々と参入している。


ファミリーマートも「いろいろと研究することはある」と話している。
イオンの問い合わせ件数「1万件を超えている」
流通大手のイオンもその一つ。「イオンのお葬式」はサービス開始から1年がすぎた。利用実績は明らかにしていないが、お葬式コールセンターや系列のスーパーなどのサービスカウンターでの問い合わせ件数は「1万件を超えている」という。大がかりな宣伝はせず、インターネットを含め口コミで広がった。


イオンの葬儀費用(ベースプラン)は、祭壇の設営費用や納骨の容器、柩や生花のアレンジなどによって、29万8000円〜148万円の6段階に分かれている。別途、寺院などの紹介も行う。フリーコールでは、たとえば「お布施はいくらが目安なのか」教えてくれるなど、葬儀の疑問に答えてくれる。


ただ、実際の葬儀を取り仕切るのは、特約店契約を結んでいる400社の、地域の葬儀社だ。新規参入が加速する葬儀ビジネスは、当初こそ競争激化を懸念した地域の葬儀社の反発もあったが、それも現在はやわらいできている。都市部では葬儀をあげず、火葬だけで済ませてしまうケースが増えているためで、葬儀社も流通大手などと提携し、ネットワークを広げることでビジネス機会を増やしていく傾向にある。

“ウサギ小屋”に出張族が殺到! 不況をビジネスチャンスにしたビジネスホテル(リアルライブより)

世の不況は改善の兆しもなく、多くのサラリーマンも自営業者も、慎ましい生活を強いられる昨今。その不景気を逆利用して、飛躍するホテルチェーンがある。

 アパホテルといえば、ご存じの方も多いだろう。07年には耐震強度偽装で話題となった、女社長のユニークなCMで有名な、あのホテルである。
 同ホテルは徹底した“薄利多売”戦略。特定の店舗を除き、室内は極狭で、とてもゆっくり休んでというわけにもいかない。一部屋のスペースを狭くすることで、できるだけ多くの部屋数を確保するのが、このホテルのやり方。

 そんな狭いホテルに好んで宿泊する人はいないだろう。しかし、今や北は札幌から、南は那覇まで、約80軒を展開する大型ホテルチェーンへと成長を遂げた要因は何だったのか?
 アパホテルでは東京都内、大阪、名古屋の大都市圏や、ブランド観光地の軽井沢などを除けば、1泊5000円前後という格安な料金設定になっている。特筆すべきは、札幌、仙台、福岡といった地方都市の店舗でも、1泊4000円台のものもあり、懐の寒い出張族や旅行者の心を揺さぶっている。

 月の半分は出張で全国を飛び回っているという中小企業のサラリーマンA氏(45歳)は、「以前は8000円程度まで、宿泊費が認められていました。でも、不況の煽りで、経理から宿泊費の節減を厳命されています。その点、アパホテルは場所にもよりますが、1泊5000円程度で泊まれます。狭くても、背に腹は変えられません。それに、駅や繁華街に近いのも魅力です。タクシー代を使う必要がありませんから」と言う。

 どんなに狭くても、安さや交通至便なところが、同ホテルの魅力だというのだ。
 「アパホテルの躍進は時代背景にうまく合った点です。この不景気ですから、どこの企業も出張費は節約せざるを得ません。ただ、それだけではありません。新しい店舗が多いため、室内はきれい。アクセスがいいことも重要だし、ほとんどの店舗で、日本人が大好きな大浴場を設置しています。ビジネスホテルで、大浴場があるところはほとんどありませんから、それも大きな魅力になっているようです」(某経済評論家)。

 狭いホテルに望んで泊まる人はどこにも、いないだろうが、世の不景気が続く限り、出張族は“ウサギ小屋”に駆け込むことになるのだろうし、アパホテルの成長も止まらないようだ。

↑このページのトップヘ