【求人募集バイブル・事例】限定公開中!

有効求人倍率が高まる昨今、求人募集しても苦戦する企業が多い中、着実に人を集め、業績を伸ばしている企業も存在します。 IT・人材・福祉など様々な業界・職種で人材派遣・紹介や求人広告営業に携わり、千社を超える経営者や人事担当、そして多くの求職者と接触してきた経験から、求人募集の失敗を激減させるノウハウ・実例を明かします。

カテゴリ: youtube ユーチューブ 再生リスト 作成

(毎日.jpより)
介護保険ホットライン:何でも話して 26日まで電話よろず相談 /大阪

介護保険に関するさまざまな質問に答える「介護保険ホットライン(電話よろず相談)」が24〜26日、開設される。無料。悩みや相談事を幅広く聞きながら、共に解決策を考えると同時に、制度上の問題点を洗い出す。

 「高齢社会をよくする女性の会・大阪」の主催。同会のメンバーが、介護福祉士やケアマネジャーなど専門職のサポートを受けながら対応する。相談内容は集約し、問題点を整理した上で、介護保険制度の改善に向けた報告書を作成する予定。同会は「具体的な相談でなくても、不安に思っていることがあれば、何でも話してほしい」としている。

午前10時〜午後4時、専用電話(06・6949・2361)で対応する。【福田隆】

自立でも大丈夫!介護保険「認定調査・裏技マニュアル」

ホームヘルパーが教える、絶対に失敗しない自宅介護法

(ヤフーニュース、オリコンスタイルhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100301-00000024-oric-entより)

 女優の三原じゅん子がデイサービス施設を東京・三鷹にオープンさせたことが1日、わかった。三原は自身のブログの2月28日付エントリーでも「明日からスタートする介護事業所のメンバーです」とスタッフ8名の写真を掲載し、「私にとって、これが夢でした」と介護事業の立ち上げを発表。所属事務所によると、三原がオーナーとして運営していくという。

 現在、芸能プロダクション「T-JACK」の代表も務める三原だが、次に手掛けたのは介護事業だった。キッカケは「約15年前、父が倒れ、それからずっと介護する母を見て来ました。そして一昨年、自分が癌(がん)になり介護される側になりました。命が助かった時、本気で介護施設を作ろうと動き出しました」という。

 三原はブログで「今まで好き勝手して生きてきましたから、これからは少しでも人の役に立ちたい!」と決意を述べ、今回、新たな夢の一歩を踏み出したことで「これから、まだまだ2つ3つと事業所を増やして行くつもりです」と意欲十分。さらに「利用者さんやご家族の皆様に喜んで頂ける施設作りにする為、スタッフ一同精一杯努力していく所存であります。皆さんも温かく見守ってくださいね」としている。


中小企業緊急雇用安定助成金・雇用調整助成金申請用データセット

↑このページのトップヘ