(注意事項:個人の考え方を述べています。自己責任、ご自身判断で行って下さい。)

【小規模・新規開業の介護(施設・サービス)事業者の集客成功法則】

◎『居宅』事業所を持たない。
 ⇒ケアマネがいるところより、ケアマネがいないところの方が紹介をもらいやすい。
  「ご自分で集客なさったらいかが?」みたいに思われている場合もある。

◎とにかくケアマネさんに来てもらう。
 ⇒来てもらえる事になったら、明るく楽しい雰囲気を感じてもらえるよう、レクやイベント等全知全能を傾ける。
  あるベテランのケアマネさんの話で「利用者やスタッフの表情をじっくり見ている」との事。自分の努力に酔うのでなく、きっちり利用者やスタッフの表情などにも気を配って準備する。

※ケアマネさんに来てもらうまでが大変だが、それは営業戦略・戦術を練っていく必要がある。かかる時間やスタッフの疲労度がかなり違う。
 ・営業エリアの絞り込み
 ・居宅を廻る場合も、そこが他の介護サービスも併設しているところなのか否かの分類
 ・営業する人間はできるだけ、
  ・爽やかで若めの男性。贅沢言えば母性をくすぐる人。コミュニケーション能力。
  ・介護職の経験者、有資格者
  ・相手の気持ち・事情を汲み取れる能力。
   ⇒ケアマネさんは忙しい方が多い
 ・上記の準備ができたら、あとは粘り強く繰り返し回数をあたる。粘り強くといっても、しつこすぎて嫌がられるようではダメ。1回の訪問にかける時間は少なく等、臨機応変に。

◎一般媒体で広告する時や、パンフレットやホームページを作成する場合
 ⇒知り合いの高齢者や、既存の利用客がいた場合
  1.介護や人生の何に不安・心配があるのかじっくり聞き出す。具体的に。
    そして、その解決策をわかりやすくまとめるなどして原稿に入れる。“出し惜しみしない”。それにより関心を持つ人が増え、間口が広がる事に繋がる。
    
  2.既存の利用客がいる場合、紹介してくれたケアマネさんに、何故、私共を選んで頂けたのかもじっくり聞く。具体的に。
    自社の強みについて、客観的に見てくれた上でのコメント。これが本当の評価。その意識で原稿に落とし込む。

◎考え方・意識の持ちようについて
 ⇒経験を積めば積む程、こだわりを持てば持つ程、(介護サービスについて)一般の素人との、理解度・考え方・意識のレベルが、離れる。
  よって、既存客や第三者の声を真摯に聞く機会を定期的に繰り返し持つ事が、集客・事業所運営の上においても、非常に重要なポイント。