【求人募集バイブル・事例】限定公開中!

有効求人倍率が高まる昨今、求人募集しても苦戦する企業が多い中、着実に人を集め、業績を伸ばしている企業も存在します。 IT・人材・福祉など様々な業界・職種で人材派遣・紹介や求人広告営業に携わり、千社を超える経営者や人事担当、そして多くの求職者と接触してきた経験から、求人募集の失敗を激減させるノウハウ・実例を明かします。

2012年03月



出版社からのコメント
日本全国6000社を訪問した筆者による渾身の結論は、「人を大切にする会社は モチベーションが高まり業績も高まる」という事実でした。本書にてその要因を解き明かします。
第1章では、「モチベーションが高い会社は業績も高い」と題し、全国各地の企業へのアンケート調査の結果から、社員のモチベーションの実態を分析。
第2章では、「この会社の社員はなぜモチベーションが高いのか?」を主題に、行列ができる地域一番のパン店や患者が自ら手術を希望する病院、活気を失った職場からよみがえった工場など15社の実際の事例から、社員が自らモチベーションを高めるような、人財を活かす仕組み、風土づくりの秘密に徹底的に迫ります。 
第3章の「社員のモチベーションを高めるために」では、第1章の分析と第2章のケーススタディから、モチベーションの高い会社に変わるために企業が取り組みべき具体的な施策を提案。
「会社を良くしたい」と願い、行動する全ての人に手にとっていただきたい一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)
「人を大切にする会社はモチベーションが高まり業績も高まる」。日本全国6000社を訪問した著者による渾身の結論。

【支払う保険料の数十パーセントが営業マンの収入になる】それを削ればお客様の保険料を安くできる。これを実現できるのが、インターネットで販売するという方法。過去の対面(訪問)販売の保険では人件費等の見合いで実質手数料がひどく高額になっている。このような実態を隠すために保険会社は分かりにくい特約を多数付け消費者に販売してきたのだ。



日本の全世帯の9割が加入し、「住宅についで、人生2番目に大きな買い物」といわれる生命保険。1000万円近い「買い物」をしているのに、加入者はあまりにその仕組みや内訳を知らされていないのではないか?
従来、藪の中だった「生命保険のカラクリ」を、ネット生保の副社長が明快、解き明かす。かけ捨ては損ではない、保険料はどこも同じではない、保険にボーナスはない、途中でやめたら損とは限らない、などなど、セイホの常識をくつがえし、生命保険会社の舞台裏から、「保険にかしこく入るための7か条」まで。
生命保険に入っている人、入ろうと考えている人、さらに保険業界で働く人、セイホに関わるすべての人たちのための「必読の書」。

日本の約九割の世帯が加入しながらわかりにくい生保。保険業法の改正により、外資の波も押し寄せている。生保のしくみを知って、新時代の保険との付き合い方を身につけよう。

女性・主婦層がターゲットの場合に【有効な求人広告作成ノウハウ】として、

◇求人広告に掲載する画像は、女性・主婦スタッフの掲載画像を増やす
 ⇒掲載画像に近い属性の求職者からの反響が出やすくなる。
   ※ただしフリー素材画像では、ありきたりなので効果が薄く
    反響に繋がりにくい為、必ず現場スタッフの画像データを掲載する。

◇文言・テキストにおいても、女性歓迎をアピール
 ⇒男性がエントリーを控える効果がある。
 ⇒「女性が活躍中の職場」の旨をアピール

◇(※もし対応可能であれば)主婦がメリットを感じるアピールを記載
 ⇒正社員であれば例えば、「残業時間は少ない、ノルマが無い」等の記載。
 ⇒子どもが急に熱を出した時や、運動会などのイベント時は、相談できる旨を記載。
 ⇒産休・育休制度を設けていれば、その旨を記載。
 ⇒社内に託児所があれば、その旨を記載。 

※最もアピールが強いのは、「産休や育休から復帰したスタッフがいる」旨の記載。
 ⇒「産休・育休制度がある職場」、そして「現役の主婦が働いている」という2点が伝わる。
   まさに一石二鳥。

↑このページのトップヘ