【求人募集バイブル・事例】限定公開中!

有効求人倍率が高まる昨今、求人募集しても苦戦する企業が多い中、着実に人を集め、業績を伸ばしている企業も存在します。 IT・人材・福祉など様々な業界・職種で人材派遣・紹介や求人広告営業に携わり、千社を超える経営者や人事担当、そして多くの求職者と接触してきた経験から、求人募集の失敗を激減させるノウハウ・実例を明かします。

2011年12月

特に中小・零細事業者向けに、(求人募集時点での)殆どお金を掛けずに少し手間を掛けるだけで、 退職理由に多い「仕事内容とのミスマッチ」の減らす方法、考え方をお伝えします。

1.そもそも肝心な会社の中身、方向性が伝わっていない。情報を出してすらいない。

 ⇒このネット全盛の時代に、社外に対して日頃から何にも情報を発信していないのに「(求人募集の時だけは)バッチリ合った人に来てほしい?」という甘い考えは捨てましょう。

 【会社は社会の公器】なのに「動画や写真が見られるのは恥ずかしい」と言う企業が何と多いことか!?

  日頃から仕事風景、社内風景、スタッフの声、お客様の声、代表者(責任者)の声などを、まずは三日坊主にならないペースで発信していきましょう。今はお金を掛けなくても、Facebookやtwitter、ユーチューブもありますし、ホームページも無料で作成できるところもあります。

  求職者は、求人誌で気になった企業名を、ネットで検索していますから、何も出てこない企業は何の情報も与えられません。情報が少ないと応募に至る可能性も下がりますし、応募があってもミスマッチの可能性が高くなります。

  何もきれいで洗練された画像・文章にする必要はありません。現実の【ありのまま】を出しましょう。偽ったところで誰の得にもなりません。面接時や採用後のトラブル・不信感を作り出すだけです。

  よって、求人広告媒体に募集を出す際も、文字だけの媒体ではなく、

  写真(もしくは動画も)掲載できる媒体を選びましょう。

  そして、経験者や即戦力を採用したい場合は、

  いろんな業種が掲載されている媒体より、業界特化の媒体がベストですし、

  若年層をメインに狙いたい場合はネット媒体、

  中高齢者層をメイン狙いたい場合は、紙媒体や折り込み、が良いでしょう。

2.求人・採用活動は「恋愛・お見合い・結婚と同じ」意識を持つ。

 ⇒上記1.で述べた通り、しっかり企業側から自己開示しましょう。

  そうすることで、方向性が近い方、共感頂ける方から興味を持ってもらえます!

  求人募集に対する応募数が多くても、ミスマッチばかりでは意味が無いのです。

  これから何年も一緒に働く方を募っているのですから、当たり前ですが誠実な対応を心掛けましょう。

  どの業界でも面接官や採用担当者の態度が横柄だった等、少なからず耳にしますが絶対NGです。

  そして見せかけ・外見だけでなく、内面(社内の環境・待遇・制度)を磨く努力も忘れずに!!

「バリデーション」(認知症のお年寄りとのコミュニケーション法)をテーマにした-さつき里香さんの一人芝居【星星の扉】のダイジェスト動画。認知症を抱える老人への介護方法として注目を集めています。



中小零細企業(介護業界)の求人広告制作に携わった事例において、 (応募者の)採用率が、「70%〜80%」や、 ごく稀にですが「100%」となった企業もありました。 かたや、私は関与していませんが(笑)、 ある企業では某大手求人媒体に出したところ、 上記の採用率が高かった企業と比較して、 5倍から10倍の応募数があったそうですが、なんと採用はゼロ。。 この企業経営者に詳細をお伺いしたところ、 「募集内容と大きくミスマッチした応募者が多数。企業として地域での評判や、 個人情報の関係もあり、お断り連絡や履歴書等の責任返却(廃棄)対応などの 手間、時間が膨大に掛かっただけだった」と。 この場合、求人媒体選びや広告掲載内容を見直す必要があるのはもちろんですが、 もっと大事な視点があります。それは地域での評判! 特に個人向けに展開している、サービス業・小売り、販売業などですが、 自社(店舗)の周辺エリアで『(たくさんの応募者を集めて)たくさんの不採用を出す』のは、 果たして良いことでしょうか? 応募者にも、家族や友達、知り合いなど、たくさんいるかもしれません。 ましてや、これだけインターネットが発達した社会では、 特に悪評が広がるスピードも早い上に、記録が残ってしまいます。ご注意を! 企業の人事採用担当者から「多くの応募者の中から選考したい」と、 言われたこともありますが、その「求人募集に対する考え方」が、 「自社の本業に悪影響を及ぼす」こともあるわけです!求人募集は慎重に!

10014923_285731391589377_841003416_o



















1990年代、閑古鳥が鳴いていた地方スーパーを、平日毎日行列ができる大繁盛店に導いた成功仕掛け人(故)山本部長のもとで働いたことは貴重な経験となりました。

10005882_285731418256041_1504753168_o



















お亡くなりになるちょうど1年前に出会い、朝早くから筑後中部魚市場(柳川市)での競りや仕入れに同行させてもらい、夜まで仕事は大変でしたが、いろんな話を聞かせて頂きました。


1978562_285731371589379_1987144441_o



















天草出身のダンディで、男気あふれる紳士。魚の目利きはもちろん、
食品サンプルの制作や木工にも精通されていたので、
店舗レイアウト含め、非常にデザインや色、センスを重要視されてました。


1932729_285731514922698_540196341_o

数年ぶりに、このPOPを見て「青ちゃん、頑張らないかんば!」と明るい声が聞こえてくるかのようでした♪今、自分が広告や集客・求人に関する仕事に携わっているのは、この頃からのご縁なのかもしれません。
1932511_285731451589371_811744054_o
1890345_285731498256033_428085978_o1890345_285731498256033_428085978_o (1)1796034_285731318256051_877888800_o1622472_285731478256035_1710077708_o1063925_285731331589383_2131883084_o1025674_285731428256040_336293338_o1622343_285731328256050_2067050102_o























































































































































最後まで、お読み頂きありがとうございました!
求人アドバイザー 青柳 和弘
https://www.facebook.com/ekaigotarou/notes


【プロフィール】
求人アドバイザー。求人募集しても苦戦する企業が多い中、
着実に人を集め、業績を伸ばしている企業も存在します。
IT・人材・福祉など様々な業界・職種で人材派遣・紹介や求人広告営業に携わり、
千社を超える経営者や人事担当、そして多くの求職者と接触してきた経験から、
求人募集の失敗を激減させるヒントをお伝えしています。

合格者の体験から申し上げると、

やはり、まずはどんな試験問題か?見てから⇒テキスト勉強⇒問題集 を繰り返すにつきる。 

福祉住環境コーディネーター検定試験3級過去5回問題集〈’11年版〉



↑このページのトップヘ