【求人募集バイブル・事例】限定公開中!

有効求人倍率が高まる昨今、求人募集しても苦戦する企業が多い中、着実に人を集め、業績を伸ばしている企業も存在します。 IT・人材・福祉など様々な業界・職種で人材派遣・紹介や求人広告営業に携わり、千社を超える経営者や人事担当、そして多くの求職者と接触してきた経験から、求人募集の失敗を激減させるノウハウ・実例を明かします。

2011年09月

就活に悩む学生・親御さん、学校の就職担当、企業経営者にとって非常に大切な内容です。
【生きる・働くモノサシを変える】(「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者:坂本光司さんの講演です。)

本書は、主に介護保険制度の下で実施された住宅改修やこれに併せた福祉用具活用の取り組み事例を調査し、日本大学理工学部建築学科教授の野村歓氏を委員長とする専門家の皆様に、さまざまな視点から選考いただいたものを事例集として取りまとめたものである。



内容(「MARC」データベースより)
高齢者の生活の質を高めて介護予防につながる住宅改修、生活環境全体を見すえた住宅改修とはどんなものか。介護保険制度の下で実施された住宅改修や、これに併せた福祉用具活用の取り組み事例をまとめる。

世の中に似たような商品やお店が乱立する状況では、市場でまだ認知されていない商品(お店)は、どんなに広告宣伝をしたところで、反応を得るのが難しく広告費が無駄になるのが現状です。

それでも、広告予算が潤沢な大手企業は、どんどん広告費を投下しますが、私たち中小企業は、広告予算自体も限られているので、闇雲に赤字と鳴る広告投資を続けるわけには行きません。

そこで、このような商品(会社)の場合は、最初からむやみに広告を出して、無駄な広告費を垂れ流すのではなく、広告費を掛けなくても、新聞・テレビ・雑誌などのマスコミが無料であなたの商品(会社)を取り上げてもらえるように、マスコミにアプローチを掛けることが、とても重要なのです。

このマスコミへのアプローチ方法を、一般的にプレスリリースと言います。 このプレスリリースにより、市場投入時には新聞・雑誌・テレビ番組などのマスコミに対してアプローチをすることで、無料で商品やお店を取り上げてもらうための対策をしているからこそ、市場内での認知度が高まり、認知度が高まってから今度は、積極的に広告宣伝をすることで、更に市場内での広告宣伝の反応率を高めて、利益を出すことができるのです。

今回、あなたにお伝えするのが、広告チラシなどをやらなくても、無料で新聞・テレビ・雑誌などのマスコミから取材を受けて、無料であなたのお店や商品を宣伝してもらえるプレスリリースという方法をまとめたものなのです。


広告チラシなどでお金を掛けずに無料で新聞・テレビ・雑誌などのマスコミから取材を受けて、テレビ・新聞・雑誌・ラジオなどで無料であなたのお店や商品を宣伝してもらえる方法

↑このページのトップヘ