【求人募集バイブル・事例】限定公開中!

有効求人倍率が高まる昨今、求人募集しても苦戦する企業が多い中、着実に人を集め、業績を伸ばしている企業も存在します。 IT・人材・福祉など様々な業界・職種で人材派遣・紹介や求人広告営業に携わり、千社を超える経営者や人事担当、そして多くの求職者と接触してきた経験から、求人募集の失敗を激減させるノウハウ・実例を明かします。

2010年09月

訪問介護員資格取得へ、知的障害者18人が研修中(わかやま新報より)

18歳から35歳までの軽度知的障害者18人が、 紀の川市尾崎の社会福祉法人 「麦の郷」 紀の川・岩出生活支援センターで、 ホームへルパー2級の資格取得に挑戦している。

県が5年前から進めている 「知的障害者及び発達障害者ホームヘルパー養成研修事業」 の一環で、 障害者にサービスの受け手ではなく、 サービスを提供する担い手として社会参加してもらうのが目的。

これまでに100人以上が受講しているという。

研修は健常者と同じ内容で、 講義と実習に分かれており、 全研修時間は132時間。 2日には現役の介護福祉士を講師に招き、 「利用者の方に気持ちよく利用してもらうためには」 などをテーマに話し合った。

受講生たちは 「信用されるように努力する」 「了解を得てから作業する」 「話を十分に聞いて意思疎通を図る」 など活発に意見を出し合い、 専門学校に通う同市貴志川町岸宮の脇田涼平さん (18) は、 「体の不自由な人を介護したくて、申し込みました。 覚えることが多く大変だけど頑張ります」 と話していた。

修了式はことし10月下旬の予定。 同事業の修了生の2〜3割が一般事業所でヘルパーとして活躍している。

(2010年度より)日本学生支援機構では、奨学金返済を3カ月滞納すると、ブラックリストに登録されます。ブラックリスト化されると、住宅ローンやクレジットカード等が利用ができない状態になります。

奨学金滞納に法的措置強化、訴訟急増4233件(読売新聞より)

 巨額の滞納が問題となっている奨学金の「貸し倒れ」を防ぐため、学生に奨学金を貸与している独立行政法人「日本学生支援機構」(旧日本育英会、横浜市)が法的措置を強化している。

 昨年度、奨学金の返還を求めて起こした訴訟は前年度の2・8倍の計4233件に急増した。機構設立当初の2004年度と比較すれば70倍超の件数となる。機構は「不況の影響もあって滞納者自体が増えており、訴訟は今後も増えるだろう」としている。

 昨年度の滞納額は、約33万6000人分の797億円と要返還額の約2割を占める。機構が返還しない恐れがあるとみている3か月以上の滞納者も約21万1000人おり、債務総額は2629億円に上る。5年間で2万8000人、842億円増加した。

 機構は従来、1年以上の滞納者の一部のみ簡易裁判所へ支払い督促を申し立てていた。督促に応じない滞納者が異議申し立てもしなければ、差し押さえなどの強制執行が可能になるが、異議を申し立てれば、訴訟に移行する。訴訟になったケースは04年度は58件だったが、08年度は1504件まで増えた。

 奨学金は国からの借入金などでまかなわれており、国の行政改革推進本部は06年12月、回収率を向上させるよう求め、08年6月には機構内の有識者会議が「法的措置の徹底」を提言。機構は昨年10月から、9か月以上の滞納者全員に申し立てを行うようにし、訴訟が急増した。一方、経済的理由で返還が困難な人は、年収300万円以下の場合、最長10年間にわたり月々の返済額を2分の1にできる制度も今年度中に始める。

 機構は「訴訟にまで至るのは、返還に関する手続きを放置している場合が多い。様々な対応をとることができるので、連絡してきてほしい」と説明する。

【DVD】借金30億からの大逆転 『事業再生7つの法則』弁護士・会計士が唸った! 実践資金再生術(期間限定価格)


9倍もらえる失業保険。失業保険は4度笑う。



失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法<お得版>



無税生活★それは至って簡単な究極の税金対策!すぐ出来る:所得税・住民税が要らない生活!究極の節税法公開



うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、療養術&障害年金受給マニュアル冊子版



今すぐできる!! 国民健康保険料の激減マニュアル



社長、あなたの再起に本当に必要なのは「合法的に借金を減額する」事では有りません!



「ノンフリート等級情報交換制度」とは?



要は、加入する自動車保険会社を変えても、「保険料の割引や等級」が、
新しく加入する保険会社でも適用されますよ、という事です。



そうなのですが..【その他】の情報もしっかりと
各保険会社間で情報交換・共有されます。



例えば、【解約、解除の有無】【保険事故の件数、事故年月日】など。

特に“解除”は、保険会社から契約を打ち切られる事。
保険料の支払いを滞納してました、もしくは
他に問題を抱えていました、とバレます。



あんなに売り込み激しい保険会社でも不安なので、
【契約できない】可能性もあるかもしれません。


くれぐれも「保険料の滞納」にはご注意を!
詳しくは、各保険会社にご確認ください。




↑このページのトップヘ