【求人募集バイブル・事例】限定公開中!

有効求人倍率が高まる昨今、求人募集しても苦戦する企業が多い中、着実に人を集め、業績を伸ばしている企業も存在します。 IT・人材・福祉など様々な業界・職種で人材派遣・紹介や求人広告営業に携わり、千社を超える経営者や人事担当、そして多くの求職者と接触してきた経験から、求人募集の失敗を激減させるノウハウ・実例を明かします。

2010年04月

(注意事項:個人の考え方を述べています。自己責任、ご自身判断で行って下さい。)

【小規模・新規開業の介護(施設・サービス)事業者の集客成功法則】

介護サービス利用者やその親族の視点からみれば当たり前の事だが、

【自分を介護してくれる人は、どんな人だろうか?】
【どんな介護をしてくれるのだろうか?】

という『心配・期待・不安』が入り混じった気持ちを持つのは当然の事。

身の周りの事をするので、体も触れるし、距離も近い。
入浴・排泄介助など、恥ずかしい部分もさらす場合もある。

よって、利用者やその親族が重要視するポイントの一つに
担当するヘルパーの人間性・人柄の部分。

施設においても勿論だが、訪問介護であれば、更に重要視される。

だが見方に変えれば、スタッフの人柄も良く、
その点を踏まえたPRができれば、
継続利用率も高まり、それは新規集客増・口コミ評判に繋がる。


ケアマネ試験一発合格脳プログラム

(注意事項:個人の考え方を述べています。自己責任、ご自身判断で行って下さい。)

【小規模・新規開業の介護(施設・サービス)事業者の集客成功法則】

介護サービス利用者やその親族の視点からみれば当たり前の事だが、

【自分を介護してくれる人は、どんな人だろうか?】
【どんな介護をしてくれるのだろうか?】

という『心配・期待・不安』が入り混じった気持ちを持つのは当然の事。

身の周りの事をするので、体も触れるし、距離も近い。
入浴・排泄介助など、恥ずかしい部分もさらす場合もある。

よって、利用者やその親族が重要視するポイントの一つに
担当するヘルパーの人間性・人柄の部分。

施設においても勿論だが、訪問介護であれば、更に重要視される。

だが見方に変えれば、スタッフの人柄も良く、
その点を踏まえたPRができれば、
継続利用率も高まり、それは新規集客増・口コミ評判に繋がる。

中小企業緊急雇用安定助成金・雇用調整助成金申請用データセット

(本人に)学ぶ意欲がないのに、親が言うからとか、みんな行くから、という理由で 最低4年間と高い学費を払って大学に行く必要があるか、本人も親も考えざるをえない時代になった。

国内の市場は成熟し、超高齢化が進む日本において、ほぼ全業種の市場は縮小を続けており 景気が回復しても、リーマンショック以前の「ステージは無い」

奨学金返済の滞納者も約20万人となり、就職氷河期も長く続き、30社〜50社受けても就職できなかった新卒学生も多く、7人に1人は就職留年している。

そんな中、専門学校の学生数が増えており、中でも介護福祉関連や公務員、教員関連が人気がある。

ニュートン.jp Newton TLTソフト | Newton e-Learning

(毎日.jpより)
介護保険ホットライン:何でも話して 26日まで電話よろず相談 /大阪

介護保険に関するさまざまな質問に答える「介護保険ホットライン(電話よろず相談)」が24〜26日、開設される。無料。悩みや相談事を幅広く聞きながら、共に解決策を考えると同時に、制度上の問題点を洗い出す。

 「高齢社会をよくする女性の会・大阪」の主催。同会のメンバーが、介護福祉士やケアマネジャーなど専門職のサポートを受けながら対応する。相談内容は集約し、問題点を整理した上で、介護保険制度の改善に向けた報告書を作成する予定。同会は「具体的な相談でなくても、不安に思っていることがあれば、何でも話してほしい」としている。

午前10時〜午後4時、専用電話(06・6949・2361)で対応する。【福田隆】

自立でも大丈夫!介護保険「認定調査・裏技マニュアル」

(産経ニュースより)
福岡の元高校教頭、平岡さん「あいさつ運動」46年

長年の教員生活を終え、68歳の今も毎朝、地域の小・中学校の校門に立ち、子供たちにあいさつを続ける男性がいる。西日本短大付属高校の元教頭、平岡三光さん=福岡県広川町。荒れていた学校を立て直そうと始めた運動は46年目を迎えた。「あいさつで伝えられる心は万国共通」。昨年から始めた海外での活動は、今年さらに広がっていくという。
 「さあ、元気な声で。おはようございます」  広川町立下広川小の校門前では平岡さんが「あいさつボランティア大使」のたすきをかけ、児童らの何倍もの声を響かせた。  あいさつ運動を推奨する「全日本あいさつボランティア協会」(同県みやま市)が「大使」の称号を贈ったのは昨年2月。「あいさつのすばらしさを世界にも広めるのが私の使命」と、平岡さんは長年続けてきた運動を海外でも始めた。
 昨年6月には西短の姉妹校となっている韓国の学園、今年3月には中国の学校で、通学中の生徒らにあいさつ運動を実践した。夏から冬にかけては、ベトナムとオーストラリアの学校への訪問を計画している。  運動を始めたのは大学卒業後、西短付高に赴任して間もなくのころだった。当時、“問題児”たちは授業を聞かず、学校を休んでは校外でトラブルを繰り返していた。

 「教師とまともに向き合う生徒がいない。生活の基本となるあいさつで、心を変えることはできないか」。平岡さんは生徒たちを見ながら、そう考えた。
 現在の北九州市で育った平岡さんは、小学3年生のころから6年間、新聞配達をして家計を助けた。「あいさつする人間に不幸はない。相手にきちんと聞こえる声であいさつしろ」。両親にそうしつけられた平岡さんは毎朝3時半に起床し、「おはようございます。朝刊です」と大声であいさつしながら、郵便受けに新聞を配っていった。
 だれも聞いていないと思っていたが、「いい声だね。がんばって」「あなたの元気な声のおかげで早く起きられるようになった」と励まされ、「あいさつも相手に通じれば、喜んでもらうことができる」と実感したという。  そうした感動を味わってもらいたいと始めた教え子たちへのあいさつ運動。「おはようございます」「ご苦労さま」「ありがとう」「さようなら」。最初は見向きもしなかった生徒たちが、自然とあいさつを交わすようになった。

 「こちらが心を開けば、相手にも必ず通じるんです」。平岡さんは力を込める。

 教員時代、退職後も続けた毎朝のあいさつ。そんな地道な活動が協会の目にとまり、「大使」としての役割を託された。

 「体が続く限り、あいさつの心を伝えていきたい」。平岡さんの挑戦に終わりはない。

笑顔の家族介護ネットワーク〜食事編〜

『弱者の戦略』栢野さんのブログ、ホームページより
http://blog.livedoor.jp/kaya0169/archives/50909334.html
http://qvenshop.com/?pid=10221281

ベルテンポ・トラベル・アンドコンサルタンツ高萩社長のブログ
http://ameblo.jp/b-free/entry-10117122672.html
同社ホームページ
http://www.beltempo.jp/
http://www.beltempo.jp/bf.travel_beltempo.html
下記、同ホームページより抜粋

〜ベルテンポが取り組んでいるバリアフリーな旅のスタイル〜

私たちベルテンポ・トラベルは東京・中央区にある小さな旅行会社です。
ご高齢の方やお体が不自由な方の旅作りのお手伝いをさせて頂いておりますが、
ここでは私たちがどのような旅をご提供させて頂いているかをご案内させて頂きます。


●国内・海外企画ツアー

いわゆる募集型のツアー。
当社は第3種旅行業と言う小さな会社に与えられているライセンスで旅行業を営んでおりますので、
自社での「募集旅行」は実施しておりません。

お客さまを広く募集するスタイルで旅をプランニングするツアーを企画する際には、
日本旅行、エイチアイエス、ジャルパック、ANAセールス各社のご協力を頂き、各社と連携して
旅を実施をさせて頂いております。

これらの旅行の実施主体は大手旅行会社各社となりますので、当社ではプランニングや
バリアフリー旅行に関する企画部分でサポートする形を取らせて頂いております。

もちろん必要に応じてベルテンポ代表、高萩徳宗が同行させて頂いております。


●くらぶベルテンポ会員向け企画の実施

ベルテンポのお客さまが集まって、作って下さった旅の会員組織「くらぶベルテンポ」。
創立の年にはわずか6名の会員様でした。

今では200名を超える有志の方が集って下さり、
「今年はあそこへ行きたい」「こんな旅がしたい」とアイディアを出して下さいます。

そのお声を元にベルテンポがセミオーダーメイドの旅をご提案させて頂いております。
(専門的な用語を使うと、これは受注型企画手配旅行と言うスタイルとなります)

この旅行は「くらぶベルテンポ」会員様からのご要望でその都度ご提案をさせて頂いております。

また、細かなリクエストがある場合には「手配旅行」としてフルオーダーメイドで旅をお作りさせて頂く
場合や、受注型企画手配旅行として旅をご提案させて頂く場合もあり、大きなイベントの場合、
大手旅行会社と連携して実施させて頂くなどさまざまなスタイルがございます。


●富士山登山、ホノルルマラソンチャレンジツアーなどの企画実施

富士山は「富士山登山学校ごうりき」の協力を頂いております。
毎年12月に開催されるホノルルマラソンチャレンジツアーはジャルパック、そしてハワイのエキスパート、ワイネットトラベルと連携して毎年実施しています。

富士山は障害がある方が対象ではなく、「今まで富士山にチャレンジするきっかけがなかった」方に
向けて企画しております。

ホノルルマラソンはフルマラソンを走りたいとお考えの社会人、学生の方だけではなく、
レースデーウォークと言う10キロのコースを歩くイベントへの参加も歓迎しています。


●重度な障害をお持ちの方の旅行手配

ケースとしては少ないのですが、飛行機に搭乗するに際して寝台(ストレッチャー)の
設置が必要なケースや他の旅行会社で断られてしまったようなケースの旅行を
個人手配旅行としてお引き受けしております。

旅行中に医療行為、継続的な介護が必要な場合はお引き受け出来ないこともございます。


★ベルテンポを利用されるお客さまには、どんな方がいらっしゃるか

企画旅行にはさまざまな方がご参加頂いております。

【ご高齢の方】

60代〜80代のご高齢の方で、

 歩行のペースがゆっくり、
 杖を使っている、
 食事はイステーブルで、
 トイレは洋式で、
 宿泊するお部屋は洋室のベッドでなければ…

と言ったニーズをお持ちの方が多くいらっしゃいます。

おひとり参加の方がとても多く、ご主人に先立たれおひとり暮らしをしていらっしゃる方が気軽に参加し、
お仲間やお友達を見つけられるような、そんな旅を目指していますので安心してご参加ください。

多くの方は、

「主人が元気だった頃は良く旅行に行ったけれど今はあまり出かけなくなった」
「団体ツアーには参加したことがないので、二の足を踏んでいる」
「娘や息子が旅行に誘ってくれるのだけど、孫が元気過ぎてペースが合わない」

とおっしゃられています。

当社の旅は、通常の旅行ペースの半分から3分の1程度の「超ゆっくり」です。
忙しさとは無縁ですのでぜひ、お試し下さい。

【お体に障害がある方】

ベルテンポで旅をご一緒させて頂いている方は、

脳梗塞や脳血管障害、脳出血、交通事故、高次脳機能障害と言った、
中途でご病気やお怪我をされた方が入院、手術、リハビリ、退院、在宅と言う
プロセスを過ごされ、ようやく旅や外出に気持ちが向いて来たとおっしゃられる方の
病後の最初のご旅行としてご一緒させて頂くケースが多くあります。

旅に出られるかどうかは、障害の程度よりもご本人の行きたい気持ちが
いちばん大切だと考えておりますが、参考までに当社で旅をお作りさせて
頂く基準としている「障害の程度」をご案内させて頂きます。

 <車椅子をご利用の方>

 ・旅行中時々、又は常時車椅子を利用されている
 ・ご家族などがご一緒に参加されている
 ・飛行機やバスへの乗り降りの際、車椅子から自力で(又は支えを借りて)
  立ち上がり、多少の歩行が出来る
 ・トイレは多目的トイレが望ましいが洋式トイレなら何とかなる
 ・食事はイス、テーブル席を利用して食事が出来る
 ・ホテルは通常の洋室であればベッドで休むことが出来る

 <杖をご利用の方>
 
 ・旅行中はゆっくりであれば自力で歩行できる
 ・長時間は歩けない
 ・お一人で参加されていても身の回りのことは自分で出来る
  (着替えや入浴など)
 ・飛行機やバスへの乗り降りの際、数段の段差なら何とかなる
 ・トイレは洋式トイレなら用が足せる
 ・食事はイス、テーブル席を利用して食事が出来る
 ・ホテルは通常の洋室であればベッドで休むことが出来る

荷物の持ち運びなどはその都度ご相談してサポート、対応させて頂いております。
ご安心ください。

まったく立位が取れない方でも参加できる旅も年に数回ご提案させて頂いておりますが、
リフト付福祉車両(バス、タクシーなど)を利用した企画につきましては
現在、九州と北海道行き限定となっており、他の方面では企画をしておりません。

<福祉旅行・介護付旅行> …他社をご紹介させて頂いております。

リフト付バス確約、障害者対応確約と言った「福祉旅行」は大手旅行代理店さんの
福祉事業部などが経験とノウハウを持ってツアー企画を行なっておりますので、
合わせてご検討頂ければと思います。あいにく当社では福祉旅行は実施しておりません。

各社とも熱心な担当者様が丁寧な旅を実現しお客さまからも良い評判をたくさん
聞いております。ご担当者様も存じ上げておりベルテンポとしてもオススメです。

介護者が必要だけど自分では見つけられないと言ったお悩みも、以下の旅行会社では
相談に乗って貰えますし、会社として介護ボランティアを組織化しているところもございます。

介護者が見つからないから旅を諦めていた方はぜひ、相談なさってみてはいかがでしょうか。

・JTBバリアフリープラザ(首都圏三田支店)
 http://www.jtb.co.jp/shop/mita/info/cocoro/index.asp
・クラブツーリズム福祉課「バリアフリーツアー」
 http://www.club-t.com/theme/barrierfree/
・エイチ・アイ・エス バリアフリーツアー
 http://www.his-j.com/tyo/barrierfree/barrierfree_index.htm
・夢ツーリストきたみ(京都の旅行会社です)
 http://www9.ocn.ne.jp/~ytkitami/
・旅のよろこび(熊本の旅行会社です)
 http://www.tabinoyorokobi.com/


  ●障害を理由に、旅を諦めている方へ

    誤解を恐れずに言えば、私達ベルテンポでは、
    旅のバリアは、手すりやトイレ、段差などのことではないと考えています。

    では、何が最大の「旅のバリア」だと思いますでしょうか。

    ふたつあります。

    ひとつは「社会の無理解」と言う、心理的なバリアです。
    車椅子を利用した方が、ジロジロ見られるような社会環境が心理的な負担になる。
    これは、誰が悪いなどという議論ではなく、私達全員が変えて行かなければならないことです。

    もうひとつは、あなた自身の心の中にあるバリアです。

    「自分はこんな体だから、もう旅には出られない。」と諦めてしまっている気持ち。
    「手すりやトイレが完備されていないから、私には無理。」と心に蓋をしている気持ち。

    このふたつが最大の、旅における心のバリアだと考えます。
    「行きたい」と強く願えば、旅は必ず実現します。
    旅に出たいと本気で考える人を、私達は心から応援します。

   当社だけではなく、各社バリアフリー旅行に力を入れ始めています。
   ぜひ、諦めずに旅を実現して頂きたいと思います。


ホームヘルパーが教える、絶対に失敗しない自宅介護法

介護福祉士らくらく合格勉強法〜問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格〜 (秋田魁新報社 さきがけon The Webより) 六郷高福祉科、合格率91.7% 介護福祉士国家試験、過去最高 美郷町の六郷高校を今春卒業した福祉科5期生の介護福祉士国家試験合格率が、2003年度の同科開設以来最高となる91・7%に上った。過去5年間、全国の平均合格率が50%前後で推移しているのに対し、同校は1期生から70%以上を維持、高校の福祉系学科では全国でも上位に位置している。  同校によると、昨年度は福祉科の生徒26人のうち、24人が介護福祉士国家試験に挑戦。筆記と実技(一部の生徒は講習会を受け免除)の結果、22人が合格を果たした。全国の受験者は15万3811人、合格者は7万7251人だった。  同校は福祉科開設以来、1期生70%、2期生75・9%、3期生90%、4期生79・2%と高い合格率を維持している。当初から指導に当たっている同科主任の吉沢直子教諭は「われわれ教師にも国家試験へ対応するほどの知識はなく、まさに手探り状態だった」と話す。既に福祉系学科を設置していた合川高の担当教諭を招き補習授業を行うなど、国家試験合格に向けて学校を挙げて取り組んできた。  吉沢教諭は「昨年度の生徒は入学後の頑張りがすごかった。夏・冬休み、平日の補習にもくじけずについてきくれた」と振り返り、「5回の実績を踏まえ、ようやくノウハウを築くことができた。介護という職業で生きていこうという生徒の目的意識の高さが成果を生んでいる」としている。 介護福祉士の年収アップマル秘講座

知的障害越え“奇跡”の就職内定9割 高校生の頑張りと指導法(産経ニュースより)  知的障害のある生徒が通う大阪府立たまがわ高等支援学校(東大阪市)で今春卒業予定の就職希望者のうち、約9割の生徒の就職が内定したことが5日、分かった。長引く不況で就職難が続き、府内の高校生の就職内定率が67.9%と低迷するなか「奇跡的な数値」と話題を呼んでいる。森均校長は「不況のなか生徒たちががんばった。子供の将来を不安に思う保護者も多いが、働いて自立もできると明るい光が差してくる」と声を弾ませている。  ■入試競争率2倍  たまがわ高等支援学校は、平成18年に開校。昨春に卒業した1期生の就職率も8割を超えた。就職先はスーパーや工場、運送会社など多岐にわたる。  府教育委員会によると、15年度の知的障害のある生徒の就職率はわずか13.7%だったが、同校の躍進で、府全体の障害者の就職率も上昇。今春の入試では1.95倍と支援学校としては異例の高倍率となった。人気の高まりで、府は同種の支援学校を増設する計画だ。  高い就職率の背景には、職業実習を中心にした独自のカリキュラムがある。授業時間の半分を職業訓練に充て、働く意識を強く持たせる狙いがあるという。 生徒たちはタイムカードで登校時間を記録。遅刻した場合は赤字で時刻が印字され、教師が生徒に時間管理について指導する。校内には業務用のオーブンなど本格的な厨房(ちゅうぼう)や介護用ベッドが並ぶ実習室、喫茶店を模した施設もあり、生徒は店員などの仕事を疑似体験できる。  同校が繰り返して指導しているのは「大きく明るい声であいさつする」「作業前にはつめを切って手を洗う」「きちんと清掃をする」などの基本的な動作。白木原亘教頭は「仕事で大事になるのは人間関係。ルールを守ることがコミュニケーションにとって大切だ。職場に近いルールを学校に持ち込むことでいろいろなことが身に付く」と話す。  知的障害がある場合、変化に柔軟に対応できなかったり、複雑なことを覚えられない生徒がいる一方、同じ作業を続けることが得意な生徒も多い。教師たちは生徒たちの個性を理解してもらおうと、3千社以上を訪問。就職先の開拓を進めてきた。  生徒の就職先からは「誤解があった」「溶接や溶断の技術があるとは驚いた」「礼儀正しく職場の雰囲気が変わった」という感想が学校に寄せられている。森校長は「障害のある生徒に対し、企業側は漠然と不安があると思うが、まずは職場実習を受け入れてみてほしい。きっと考え方が変わるはず」と話している。

(毎日.jpより)
介護福祉士:優しく力持ち、元力士の祖父江さんと斎藤さん奮闘−−一宮 /愛知

 気は優しくて力持ちを地でいく2人の介護福祉士が、一宮市萩原町花井方の住宅型有料老人ホーム「ヴィヴァハウス」で働いている。高砂部屋で一緒に稽古(けいこ)した元力士の神奈川県平塚市出身、祖父江正一さん(29)と稲沢市出身、斎藤悟さん(30)だ。笑顔でお年寄りに接する2人は、施設の運営とレクリエーションを担当。流しそうめんや大相撲名古屋場所観戦、相撲交流会など「入所者と一緒になって楽しむ」を基本に計画を立てている。【渡辺隆文】

 ◇お年寄りの笑顔見て、うれしい  祖父江さんは中学卒業と同時に入門し、現役時代も巡業先などで施設を慰問していた。そんな中で、祖父や義父が介護を必要とするようになり、この介護の世界に興味を持った。  転機が訪れたのは23歳。幕下39枚目の時だった。稽古で首を痛め、医師から引退か、頭からぶつかる相撲のスタイルを変えるか判断を迫られた。「取り口を変えるぐらいなら、引退して介護の道へ進もう」と引退を決めた。その後、慰問で訪れたことがあるヴィヴァハウスに「介護の勉強をさせてほしい」と頼み、働くようになった。05年に介護福祉士の資格を取得した。  一方の斎藤さんは高校を中退して17歳で入門した。8年近く努力したが三段目。「これ以上は厳しいかな」と25歳で引退した。その後、1年半近く体を休めていたが、仲の良かった祖父江さんから「次の仕事が決まるまで、施設の仕事を手伝ってくれないか」と誘われた。そして06年に介護福祉士となった。

 2人は力仕事はお手のものだ。だが、トイレの介助をしたくても、体が大きすぎて連れていくことができないといった悩みもある。  2人は「この仕事について本当によかった。やりがいがあり、お年寄りの笑顔を見られるだけでうれしい」とにこやかだった。

介護福祉士の年収アップマル秘講座

世界の最新戦闘機の中枢や、さまざまな兵器の精密部品等には、日本の大企業、中小企業だけが持つ、高い技術や高性能な部品が多く使用されている。ソフトウェア、プログラミング開発なども含めて。 ただし、日本は武器輸出を禁止しており、各メーカーや企業は、日本以外の国へは、殆ど営業・販売できない。 仮に、「売ってほしい!」と頼まれても売れない。ヤマハやホンダの「オフロードバイク」ですら 軍事転用可能?という事で売れない。。 日本は、その技術と兵器を輸出する事で、国家の繁栄と平和、誇りと自信を取り戻す事ができる! ◎日本の技術を活かし、国産戦闘機の開発なども進める。   ⇒莫大な経済効果。新たな雇用を生み出す。 ◎技術立国日本としての、自信を取り戻す。 ◎プログラミングの制御や、高品質の精密部品など含め、他国が簡単に追いつけない技術であり  仮に日本に対して(輸出した兵器が)使用されたとしても、  「どこが急所か?どんな性能か?どれくらい持っているか?」などを知っている為  対策・処置も早く対応できる。よって平和、安全度も高まっていく。 まさに、近江商人ではないが、三方よしを実現できる!    ---------------------------------------------------------------------------- 尖閣防衛、共同で対応=武器輸出見直し伝達―北沢・ゲーツ会談(時事通信より) 北沢俊美防衛相は11日午前(日本時間同)、ハノイのホテルでゲーツ米国防長官と約30分間会談し、沖縄県・尖閣諸島を含む島嶼(とうしょ)防衛に関し、「日米で共同してしっかり対応する」方針で一致した。北沢氏は、海外への武器の輸出を禁じる政府の武器輸出三原則について「新たな防衛計画大綱の見直しの中で方向性をつくりたい」と述べ、見直しを検討する考えを表明。ゲーツ氏は「大いに歓迎したい」と応じた。  北沢氏は会談で、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件に関し、米側が同諸島を日米安全保障条約の適用対象としていることに謝意を表明。「今後とも日米間で緊密に連携、協力することが重要だ」と述べた。ゲーツ氏も「海洋における関係国の間で協議を続けることが重要だ」と指摘した。  米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、ゲーツ氏は「着実に進めることが重要だ」として、同県名護市辺野古周辺を移設先とした5月の日米合意の実行を要求。北沢氏は移設実現に取り組む意向を伝えた。 

↑このページのトップヘ